2017年8月10日

【お客様へお知らせ】

弊社は下記の期間、夏期休業となります。

それに伴いまして、ご注文頂きました商品の発送は、休業明けの8月18日から順次出荷となりますことを予めご了承願います。

2017年8月11日(金)〜2017年8月17日(木)

よろしくお願いいたします。


 2016年12月26日

【お客様へお知らせ】

弊社は下記の期間冬期休業となります。

それに伴いまして、12月29日午後12時以降ホームページからご注文頂きました商品の発送は、年明け1月5日からとなります。
また年末・年始は、道路の混雑状況により商品の到着が遅れる事もございます。

予めご了承願います。

【冬期休業】
2016年12月30日(金)〜2017年1月4日(水)

本年もご愛好有難う御座いました。来年もよろしくお願いいたします。


 2016年8月10日

【お客様へお知らせ】

弊社は下記の期間、夏期休業となります。

それに伴いまして、ご注文頂きました商品の発送は、休業明けの8月18日から順次出荷となりますことを予めご了承願います。

2016年8月11日(木)〜2016年8月17日(水)

よろしくお願いいたします。


 2015年12月28日

【お客様へお知らせ】

弊社は下記の期間冬期休業となります。

それに伴いまして、12月28日午後12時以降ホームページからご注文頂きました商品の発送は、年明け1月5日からとなります。
また年末・年始は、道路の混雑状況により商品の到着が遅れる事もございます。

予めご了承願います。

【冬期休業】
2015年12月29日(火)〜2016年1月4日(月)

本年もご愛好有難う御座いました。来年もよろしくお願いいたします。


 2015年9月25日

【お客様へお知らせ】

『関ジャニ∞の音楽王NO.1決定戦 ザ・モーツァルト』決定戦に出演のピアニスト、坂本真由美さんのCDの取り扱いを開始しました。

収録曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調/ピアノ協奏曲第21番ハ長調

ニクラス・ウィレン(指揮)/WDRケルン放送管弦楽団

坂本真由美(ピアノ)

fibonacci records FIB 990 3,000円(税込み)

CDをご購入希望の方はホームページ内にありますメールから件名をCD注文として、ご住所、お名前、電話番号、購入枚数をご明記の上送信ください。折り返しご連絡させて頂きます。(ホームページ内のShopからはご購入できません)

小売店様かのお取引につきましても、ホームページ内のメールから件名を取引とご明記の上、貴店名、ご担当者名、連絡先等をご連絡頂ければ、こちらから折り返しご連絡させて頂きます。

以上、よろしくお願いいたします。

 2015年8月7日

【お客様へお知らせ】

弊社は下記の期間、夏期休業となります。

それに伴いまして、ホームページからご注文頂きました商品の発送は、休業明けの8月17日から順次出荷となりますことを予めご了承願います。

2015年8月10日(月)〜2015年8月14日(金)

よろしくお願いいたします。


 2014年12月26日

【お客様へお知らせ】

弊社は下記の期間冬期休業となります。

それに伴いまして、12月26日午後12時以降ホームページからご注文頂きました商品の発送は、年明け1月5日からとなります。
また年末・年始は、道路の混雑状況により商品の到着が遅れる事もございます。

予めご了承願います。

【冬期休業】
2014年12月27日(土)〜2015年1月4日(日)

本年もご愛好有難う御座いました。来年もよろしくお願いいたします。



 2014年3月27日

【お客様へお知らせ】
平素は弊社ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

2014年4月1日より施行される消費税率変更(5%→8%)に伴い、以下の対応を予定しておりますのでご案内申し上げます。

3/31までに出荷された商品については、現行通り消費税5%での対応となります。また、送料に付きましても、3/31出荷分までは変更ございません。

4/1以降変更点

1.表示方法が本体価格+税となります。(例:本体価格2300円+税)
2.消費税変更に伴い、送料が変更となります。
3.代金引換手数料が5%から8%へ変更となります。
4.お届け時カード払いは、決済手数料、消費税が変更となります。

何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。
デルタ エンタテインメント




 2012年12月27日

【お客様へお知らせ】

弊社は下記の期間冬期休業となります。

それに伴いまして、12月28日午後12時以降ホームページからご注文頂きました商品の発送は、年明け1月4日からとなります。
また年末・年始は、道路の混雑状況により商品の到着が遅れる事もございます。

予めご了承願います。

【冬期休業】
2012年12月29日(金)〜2013年1月3日(木)

本年もご愛好有難う御座いました。来年もよろしくお願いいたします。



 2012年8月3日

≪お客様へお知らせ≫

弊社は下記の期間、夏季休業となります。

それに伴いまして、ホームページからご注文頂きました商品の発送は、休業明けの8月17日から順次出荷となりますことを予めご了承願います。

2012年8月10日(金)〜2012年8月16日(木)

よろしくお願いいたします。




 2011年12月26日

【お客様へお知らせ】

弊社は下記の期間冬期休業となります。

それに伴いまして、12月28日午後12時以降ホームページからご注文頂きました商品の発送は、年明け1月5日からとなります。
また年末・年始は、道路の混雑状況により商品の到着が遅れる事もございます。

予めご了承願います。

【冬期休業】
2011年12月29日(木)〜2012年1月4日(水)

本年もご愛好有難う御座いました。来年もよろしくお願いいたします。


 2011年8月12日

【お客様へお知らせ】

弊社は下記の期間、夏季休業となります。
それに伴いまして、ホームページからご注文頂きました商品の発送は、休業明けの8月19日から順次出荷となりますことを予めご了承願います。

2011年8月13日(土)〜2011年8月18日(木)

よろしくお願いいたします。


 2011年3月25日

東日本大震災におきまして、被災された皆様に心よりお見舞い申上げますとともに、亡くなられた方々、とご家族に皆様に対しお悔やみを申上げます。

デルタ エンタテインメント


 2010年11月12日

≪お客様へお知らせ≫

現在、品切れ中のベートーヴェン:交響曲第7番&第8番(DCCA-0033)が、11月13日に再入荷いたします。
弊社ホームページ内、Shopからご予約を承っております。

また、品切れしておりました42年の第9&「ザ・グレイト」(DCCA-0004〜5)と、バイロイトの第9(DCCA-0029)が入荷いたしました。

是非、この機会にお買い求め下さい。


 2010年10月15日

≪お客様へお知らせ≫

現在、品切れ中の「バイロイトの第9」(DCCA-0029)が、10月29日に再入荷いたします。
弊社ホームページ内、Shopからご予約を承っております。

是非、この機会に!


 2010年9月20日

≪お客様へお知らせ≫

現在弊社ホームページで1万円以上お買い上げの方、【先着20名様限定20%OFF!キャンペーン】を実施中です。
この機会を是非ご利用ください。

また、こちらも不定期ですが、Special price商品を限定でTOPページにてご紹介しています。
こちらも併せてご覧ください。


 2010年8月5日

≪お客様へお知らせ≫

弊社は下記の期間、夏季休業となります。
それに伴いまして、ホームページからご注文頂きました商品の発送は、休業明けの8月16日から順次出荷となりますことを予めご了承願います。

2010年8月11日(水)〜2010年8月15日(日)

よろしくお願いいたします。


 2009年12月25日

≪お客様へお知らせ≫

弊社は下記の期間冬期休業となります。

それに伴いまして、12月28日午後12時以降ホームページからご注文頂きました商品の発送は、年明け1月5日からとなります。
また年末・年始は、道路の混雑状況により商品の到着が遅れる事もございます。

予めご了承願います。

2009年12月29日(火)〜2010年1月4日(月)

本年もご愛好有難う御座いました。来年もよろしくお願いいたします。


 2009年8月4日

≪お客様へご案内≫

弊社人気商品の「バイロイトの第9」(DCCA-0029)と「ウラニアのエロイカ」(DCCA-0031)がついに再入荷いたします。

以上、よろしくお願いいたします。


 2009年7月31日

≪お客様へお知らせ≫

弊社は下記の期間、夏季休業となります。
それに伴いまして、ホームページからご注文頂きました商品の発送は、休業明けの8月17日から順次出荷となりますことを予めご了承願います。

2009年8月12日(水)〜2009年8月16日(日)

よろしくお願いいたします。


 2008年11月14日

≪お客様へお知らせ≫
いつも弊社ホームページをご覧頂きまして有難う御座います。

多くのお客様からご要望を頂いておりました、代金引換と到着時クレジット・カード支払いが弊社ホームページで可能となりました。

ご利用にあたり、いくつか注意点が御座います。

1.代金引換を選択された場合、送料の他に別途代引き手数料がございます。

2.到着時クレジット・カード支払いの場合、お住まいの地域(場所)によっては、電波が弱くカード・リーダー(カード決済機)が使用できない場合がございます。
その際は、現金決済でのお支払いになる場合があります。予めご了承願います。

3.到着時クレジット・カード支払いの場合、支払方法は購入者様とカード会社との間で決められている支払い方法しかできません。(例:一括専用カードの場合、2回払いなどの分割は出来ません。)

4.到着時クレジット・カード支払いの場合、ボーナス払い等変則的なお支払いはできまん。

5.不在等で商品が受け取れない場合、運送会社での保管期限を過ぎた商品は、弊社へ返送されます。その際は弊社までご連絡をお願いします。

今後とも弊社ホームページからのご注文を心よりお待ちしております。



 2007年8月28日

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」(エリー・ナイ(p)/カール・ベーム(指揮)/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番(*) リリー・クラウス(p*)(DCCA-0036)について。

ドイツ・ピアニズムの伝統を受け継ぎ、ドイツ・ロマンティシズムを体現、精神性あふれる演奏家として、ドイツ国民に愛されたナイの「皇帝」が楽しめる。クラウスのベートーヴェンも絶品だ。(CDジャーナルwebより)


 2007年8月28日

CDジャーナル9月号の新譜試聴記に、ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」(エリー・ナイ(p)/カール・ベーム(指揮)/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番(*) リリー・クラウス(p*)(DCCA-0036)が掲載されました。

大津直子氏:往年の二人の女流奏者の芸風を伝えるマニアックな音源。1曲目はベートーヴェンを得意としたナイの60代の録音で、ナチスにも愛好されたゲルマン的な実直さが確認できる。クラウスによる2曲目では、緊張と弛緩の緻密な交錯がもたらす緊迫感を孕んだ展開が耳を惹きつける。


 2007年8月28日

8月29日発売
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」(19,Jan,1952)
ワーグナー:楽劇トリスタンとイゾルデより前奏曲と愛の死(11,Mar,1952)(*)

フルトヴェングラー(指揮)
ローマ・RAIオーケストラ
トリノ・RAIオーケストラ(*)

「フルトヴェングラー イン イタリー」の第2弾!
英雄もさることながら、ワーグナーは絶品の名演奏!!
DCCA-0039 \2415(税込み)
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。


 2007年8月28日

CDジャーナル8月号の新譜試聴記に、コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ(48年録音/50年録音)/ファリャ:スペイン民謡組曲 シュタルケル(Vc)(DCCA-0035)が掲載されました。

長谷川 教通氏:世紀の名チェリストの名を世界に知らしめたのがコダーイの無伴奏だった。1948年にパリで録音したSP盤からの復刻と、2年後1950年にLP録音した演奏を収録。若きシュタルケルの凄まじい気迫。生々しく切れ味鋭い音色と冴えた技巧に圧倒されてしまう。


 2007年8月28日

7月27日発売
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番(19,Jan,1952)
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」(10,Jan,1952)

ピエトロ・スカルピーニ(p)
フルトヴェングラー(指揮)
ローマ・RAIオーケストラ

DCCA-0037 \2415(税込み)
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。


 2007年6月29日

CDジャーナル7月号の新譜試聴記に、シューマン:交響曲第1番「春」/シューマン:交響曲第4番 フルトヴェングラー/ウィーン・フィル/ベルリン・フィル(DCCA-0034)が掲載されました。

友部衆樹氏:2曲目はシューマン第4番の最高の演奏と言われ、幾度となく復刻されてきた名演。重厚な響きと伸縮自在なテンポで、ロマンティックな幻想味の表出という次元をはるかに超え、人間精神の内奥に迫るような苛烈さは唯一無二のもの。1曲目も巨匠唯一のライヴで貴重な音源だ。


 2007年6月29日

6月27日発売
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」(1944rec)
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番(*)(Unknown)

エリー・ナイ(p)
カール・ベーム(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
リリー・クラウス(p*)

DCCA-0036 \2415(税込み)

お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。


 2007年5月11日

7vFkRh wggvrymvoxfo, [url=http://xtkscamwlpno.com/]xtkscamwlpno[/url], [link=http://dtdkxypygaba.com/]dtdkxypygaba[/link], http://omvxcthbitbo.com/

 2007年5月1日

4月28日発売
シューマン:交響曲第1番「春」(29,Oct,1951 rec)
        交響曲第4番(14,May,1954 rec)
フルトヴェングラー(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

DCCA-0034 \2415(税込み)
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。


 2007年3月22日

CDジャーナル4月号の新譜試聴記に、ベートーヴェン:交響曲第3番(ウラニアのエロイカ)フルトヴェングラー/ウィーン・フィル(DCCA-0031)が掲載されました。

長谷川 教通氏:戦時中に収録された放送録音で、その鬼気迫る表現が数あるフルトヴェングラーの録音の中でも間違いなく最高の一枚。今回の板起こし(LPからの復刻)では、ピッチの修正も行われ、音の鮮度は従来のどのCDよりも優れている。ウラニアのエロイカの決定盤。


 2007年3月22日

3月31日発売予定
ベートーヴェン:交響曲第7番
          交響曲第8番
             (以上、30,Aug,1954 rec)
フルトヴェングラー(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

DCCA-0033 \2415(税込み)
フルトヴェングラー最後の夏の名演!
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。


 2007年2月19日

2月28日発売予定
世界初演!世界初CD化
第4楽章:キャラガン版1983年/2006年9月補完・初演による

ブルックナー:交響曲第9番 4楽章完成版
       
内藤 彰(指揮)/東京ニューシティ管弦楽団
DCCA-0032 \2625(税込み)

30年にわたる楽究と最新の研究成果を反映した4楽章を世界初演・世界初CD化しました。
この他にも、第2楽章は滅多に演奏されることの無いトリオ2(キャラガン校訂版)や、1〜3楽章はコールズ版2000年を使用した資料的価値の高い内容です。

ご予約弊社特約店などでどうぞ。


 2007年2月1日

【お客様へお知らせ】
弊社商品がどこで購入できるのか?というお問い合わせが多数ございましたので、改めてご案内いたします。

(CDショップ)
タワーレコード、HMV、新星堂、山野楽器、JEUGIA、玉光堂、などの各店舗

で、お取り扱いしております。(店頭に在庫が無い店舗もございます。その際はお店の方にお問い合わせ下さい)
尚、お住まいの近くに小売店が無い場合は、タワーレコード、HMV、山野楽器などのネット通販でもご購入できます。(配送までの日にちはご確認ください)

もちろん、弊社ホームページからもご注文できます。(新譜商品で掲載が間に合っていないものは、CD番号、数量、ご住所、お名前、電話番号、郵便番号をお書きの上、メールをお送り下さい。こちらか返信を差し上げます)

今後とも弊社商品をご愛好の程、よろしくお願い致します。

 2007年1月22日

1月31日発売予定
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」(16-20,Dec,1944 rec)
        (1-4楽章ピッチ修正、ボーナストラックとしてピッチ未修正の1楽章付き)

フルトヴェングラー(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

DCCA-0031 \2415(税込み)
あのフルトヴェングラーの「ウラニアのエロイカ」が第2世代技術で復刻!更に紙ジャケット仕様で登場!
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。



 2006年8月22日

CDジャーナル4月号の新譜試聴記に、ベートーヴェン:交響曲第1番/ブラームス:交響曲第1番、フルトヴェングラー/アムステルダム・コンセルトへボウ管(DCCA-0020)が掲載されました。

榊 順一氏:50年7月、オランダ音楽祭でのライヴ音源。フルトヴェングラーがコンセルトヘボウを振った戦後唯一の記録でもある。軽快ながら輪郭のくっきりしたベートーヴェン、遅い楽章での明快な表現など、指揮の微細なパルスが全体に行きわたった、集中力の高い演奏だ。


 2006年8月22日

レコード芸術5月号の再発売月評にベートーヴェン:交響曲第1番/ブラームス:交響曲第1番、フルトヴェングラー/アムステルダム・コンセルトへボウ管(DCCA-0020)が掲載されました。

横原氏(推薦)評論抜粋:フルトヴェングラーの戦後唯一のコンセルトヘボウとの50年ライヴ録音。録音状態は良好ではなく、弱音でシリシリ、ポツポツ・ノイズがあり。トゥッティの量感も不足気味だが、自然な響きで演奏の素晴らしさを伝えている。ブラームスは序奏の2回目の総奏が思い入れたっぷり。展開部終わりは凄まじく、再現部に入ってからの加速もメチャクチャ。終楽章のアゴーギクも彼らしく。再現部半ばの下降ストレッタには息を呑まされる。ベートーヴェンの両端楽章の結びでも。彼ならではの熱い高揚がある。


 2006年8月22日

CDジャーナル3月号の新譜試聴記に、ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱つき」(51年)/フルトヴェングラー/ウィーン・フィル(DCCA-0019)が掲載されました。

山本義彦氏:51年1月のコンサート・ライヴである。半年後にバイロイトで収録された記念碑的演奏と比べると巨匠の表現は幾分穏和に聴こえるが完成度はむしろこちらの方が高い。しなやかな弦、豪放磊落な金管などウィーン・フィルならではの充実した響きを堪能できる。



 2006年8月22日

レコード芸術3月号の再発売月評に、ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱つき」(51年)/フルトヴェングラー/ウィーン・フィル(DCCA-0019)が掲載されました。

松沢氏評論抜粋:51年1月のライヴ。ゆったりとしたテンポはいつものフルトヴェングラーではあっても、推進力が弱い。(中略)録音状態は悪いが、この指揮者らしい興奮が伝わってくる。


 2006年8月4日

CDジャーナル2月号の新譜試聴記に、メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲/ブラームスヴァイオリン協奏曲 デ・ヴィート(Vn)/フルトヴェングラー/トリノRAI.O(DCCA-0018)が掲載されました。

齋藤弘美氏:いずれも52年3月の録音。デ・ヴィートの甘美な歌わせ方とテクニックの冴えは一聴の価値あり。オケのクオリティに不満をおぼえるが、フルヴェンの要所を押さえたサポートぶりはさすがだ。ブラームスのアダージョの幽遠さ、終楽章の野趣は出色。


 2006年8月4日

レコード芸術2月号の再発売月評に、メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲/ブラームスヴァイオリン協奏曲 デ・ヴィート(Vn)/フルトヴェングラー/トリノRAI.O(DCCA-0018)が掲載されました。

松沢氏(推薦)評論抜粋:52年のライヴ録音。すでにオリジナルにノイズがかなり混入しているので仕方がないが、それでも比較的生生しくクリアな音質で再現されており、丁寧に復刻されている。演奏はデ・ヴィートの入魂の表現がすばらしい。ルバートを多用したり、思い切った膨らまし方をしてたっぷりと歌わせたり、ロマンティックで濃厚な節回しと爆発的なパッションが聞き手の胸に深く突き刺さる。特にブラームスの第2楽章で粘性が高い。フルトヴェングラーの指揮は伴奏に徹してはいてもかなり表情的で、やはりブラームスがすばらしい。


 2006年8月4日

CDジャーナル1月号の新譜試聴記に、ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」コースヴェット版 内藤 彰/東京ニューシティ管(DCCA-0017)が掲載されました。

長谷川教通氏:2004年に出版されたばかりのコースヴェット校訂による第4交響曲の全集版第3稿を使った世界初演として話題を呼んだ演奏会のライヴ。内藤彰と東京ニューシティ管が意欲的に取り組むシリーズの一環だが、特に第4楽章のテンポ感と美しさが新鮮だ。


 2006年8月4日

レコード芸術1月号の新譜月評に、ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」コースヴェット版 内藤 彰/東京ニューシティ管(DCCA-0017)が掲載されました。

宇野氏 評論抜粋:(前略)この版のオーケストレーションが抵抗をあたえる部分もあったが、内藤の表現はもっとすっきりと滑らかで、新しい感覚によって改定版を鳴らしたケースといえよう。


 2005年11月17日

12月上旬発売予定
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱つき」(7,Jan,1951 rec)

ゼーフリート(S)、アンダイ(A)、パツァーク(T)、エーデルマン(Br)
フルトヴェングラー(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン・ジングアカデミー

DCCA-0019 \2415(税込み)
バイロイトの約半年前に行われた、バイロイトの原型ともいえるウィーン・フィルとの名演!
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。


 2005年11月17日

11月18日発売予定
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲(11,Mar,1952 rec)
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲(7,Mar,1952 rec)

ジョコンダ・デ・ヴィート(ヴァイオリン)
フルトヴェングラー(指揮)
トリノ・RAIオーケストラ

DCCA-0018 \2415(税込み)
名女流ヴァイオリニスト、デ・ヴィートとフルトヴェングラーによる名演
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。


 2005年11月17日

CDジャーナル11月号の新譜試聴記に、シューベルト:交響曲第8番「未完成」、交響曲第9番「ザ・グレートフルトヴェングラー/トリノRAI.O(DCCA-0016)が掲載されました。

山本義彦氏:フルトヴェングラーの遺産も近年では発掘が進み幾多の演奏がCDで聴けるようになった。2曲とも初の正規リリースとなるが、イタリアのオーケストラを前に巨匠が情熱をほとばしらせる「未完成」に心を惹かれる。深い感動を呼び起こす内面の充実した演奏だ。


 2005年11月17日

CDジャーナル11月号の新譜試聴記に、ハイドン:交響曲第88番、94番、104番フルトヴェングラー/トリノRAI.O(DCCA-0015)が掲載されました。

長谷川教道氏:フルトヴェングラーが1950〜52年にトリノやストックホルム、ブエノスアイレスで振ったライヴ録音だ。それぞれオーケストラが異なるのも興味深いが、いずれもずっしりとしたテンポ感とクライマックスの高揚感がすばらしい。巨匠の全盛期を知る貴重盤だ。


 2005年11月17日

音楽現代11月号で、国際ブルックナー協会全集版「第四交響曲」「第3稿」をめぐって〜川崎 高伸氏の特集で、弊社発売のDCCA-0017(ブルックナー:交響曲第4番第3稿コースヴェット版)についても紹介されました。


 2005年11月17日

レコード芸術11月号の再発売月評に、ハイドン:交響曲第88番、94番、104番フルトヴェングラー/トリノRAI.O(DCCA-0015)が掲載されました。

松沢氏(推薦)評論抜粋:52年の第88番はオーケストラが二流とはいえ、フルトヴェングラーらしい大変立派なハイドンだ。(中略)50年の驚愕も名演。これはスタジオ盤よりもさらに濃厚で動的。フルトヴェングラーらしさにあふれている。残念なのはロンドンだ。らしさは伝わってくるすばらしい部分もあるのだが、冒頭が欠落しているのに加えて音質が悪すぎて鑑賞には適さない。


 2005年10月13日

10月中旬発売予定
世界初演!世界初CD化
【国際ブルックナー協会発行第3稿〜コースヴェット版〜】による

ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」
       
内藤 彰(指揮)/東京ニューシティ管弦楽団
DCCA-0017 \2625(税込み)

音楽学者コースヴェット氏が校訂した「版」を使用した現時点での唯一の録音。
もちろん世界初演、世界初録音となります。
音楽専門誌も絶賛した、世界初演を是非お聞きください。

ご予約弊社特約店でどうぞ。


 2005年9月22日

CDジャーナル10月号の新譜試聴記に、ベートーヴェン:交響曲第7番、シューベルト:交響曲第8番「未完成」、ケルビーニ:アナクレオン序曲フルトヴェングラー/ウィーン・フィル(DCCA-0011)が掲載されました。

山本義彦氏:保存状態の良いSPレコードから起こしたCD復刻盤。慣れ親しんだ演奏がベールを取ったように鮮明な音で聴きとれる。固有の針音は致し方ないが、盤面に刻まれた情報量の多さに驚かされる。第7番など、一度これを聴いたら最後、従来盤では生ぬるく感じるほどだ。


 2005年9月22日

CDジャーナル10月号の新譜試聴記に、フルトヴェングラー:交響曲第2番、ブルックナー:交響曲第7番(41年/抜粋)フルトヴェングラー/ヘッセン放送響(DCCA-0013〜14)が掲載されました。

齋藤弘美氏:フルトヴェングラーの自作自演による第2交響曲は5種類の録音を数えるが、本盤は今回が世界初CD化(1952年12月のライヴ)。後期ロマン派ばりの作風で大胆さはなく、いたって堅実な曲ではあるものの、渾身の熱演ぶりがうかがえる演奏である。


 2005年9月22日

CDジャーナル10月号の新譜試聴記に、ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」(共にブライトコップ新版)内藤/東京ニューシティ管(DCCA-0012)が掲載されました。

長谷川教道氏:新ブライトコップ版の刊行が、今後のベートーヴェン演奏に与える影響は大きい。内藤が取り組む交響曲チクルスもその成果。新版を手がかりに古典奏法を駆使しながら”新しいベートーヴェン”像を提示する。従来のロマン的解釈から脱却した注目のライヴだ。


 2005年9月22日

レコード芸術10月号の再発売月評に、フルトヴェングラー:交響曲第2番、ブルックナー:交響曲第7番(41年/抜粋)フルトヴェングラー/ヘッセン放送響(DCCA-0013〜14)が掲載されました。

松沢氏(推薦)評論抜粋:非常にエキサイティングで、フルトヴェングラーらしいドラマティックな音楽を堪能できる。(中略)またフィナーレの心のこもった歌と節回しは51年盤をはるかに上回る内面的な熱さがぐっと聴き手の心を捉えて離さない。ファンには絶対に聴き逃せない記録である。


 2005年9月22日

レコード芸術10月号の新譜月評に、ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」(共にブライトコップ新版)内藤/東京ニューシティ管(DCCA-0012)が掲載されました。

小石氏(準推薦)評論抜粋:この新しいブライトコプフは伝統的な意義もあるため、今後のスタンダードとなる可能性がる。ベーレンライター版のブームに目を奪われず、新ブライトコプフ版をいちはやく採用した内藤の見識は賞賛されねばなるまい。(中略)弦の透明度が高く、弱音のの処理も新鮮である。細部を重視した造形も実に堅固な音楽を組み上げている。
宇野氏(準推薦)評論抜粋:ひびきやハーモニーに熟成感のあるのが何よりもよい。細部まで丁寧な仕上げで、新味もあり、レガートなところ、リズミックなところの変化も美しく、オーケストラのアンサンブルが素晴らしい。最近の演奏としては珍しく提示部を反復していないのも気に入った。


 2005年9月22日

音楽現代10月号の今月の3枚のCD(茂木一衛氏)に推薦として、ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」(共にブライトコップ新版)内藤/東京ニューシティ管(DCCA-0012)が掲載されました。

評論抜粋:この演奏の優れた点は、歴史的な演奏実践を調べ学問的により正確な(と現時点で考えられる)演奏法を採用したというだけでなく、それを踏まえて生き生きした音楽を現代に蘇らそうとと努力している点にこそあるのではないかと思う。


 2005年9月16日

9月中旬発売予定
シューベルト:交響曲第8番「未完成」(11,Mar,1952 rec)
シューベルト:交響曲第9番「ザ・グレート」(17-19,Jun,1950 rec)

フルトヴェングラー(指揮)
トリノ・RAIオーケストラ(未完成)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(ザ・グレート)

DCCA-0016 \2415(税込み)
プライベート盤や特典盤などしか発売されたことがない「幻」の音源遂に復刻!
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。


 2005年6月10日

6月下旬発売予定
【新ブライトッコップ版】による
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」
       :交響曲第6番「田園」
内藤 彰(指揮)/東京ニューシティ管弦楽団
DCCA-0012 \2625(税込み)

ブライトコップ社の「新版」を使用した現時点での唯一の録音。
ベーレンライター版との違いを比較するのも一興です。

ご予約弊社特約店でどうぞ。


 2005年6月10日

レコード芸術6月号の再発売月評にブラームス:交響曲第4番、他フルトヴェングラー/ベルリン・フィル(DCCA-0008)が掲載されました。
松沢氏(推薦)評論抜粋:第4はため息を漏らしたような冒頭からして濃厚な表情が付けられいるが、全編にわたってきわめてロマンティックな表現に彩られたブラームスだ。同時にフルトヴェングラーらしいアドーギクを伴った激しく荒れ狂った表現も特徴的。(中略)わけても終楽章は実にエキサイティングだ。


 2005年6月10日

6月11日発売
ケルビーニ:アナクレオン序曲(11,Jan,1951rec)
シューベルト:交響曲第8番「未完成」(19-21,Jan,1950 rec)
ベートーヴェン:交響曲第7番(18-19,Jan,1950 rec)

フルトヴェングラー(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
DCCA-0011 \2205(税込み)
DELTA CLASSICS初のSP復刻盤!いよいよSP復刻も本格開始!!
収録曲はノイズ混入や歪みが大きいと言われていた3曲に挑戦。
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。


 2005年4月21日

レコード芸術5月号の再発売月評にベートーヴェン:交響曲第6番、他フルトヴェングラー/ベルリン・フィル(DCCA-0007)が掲載されました。
横原氏(推薦)評論抜粋:スケルツォのトゥッティは出てくるたびに激しさをまし、最後はオーケストラがついていけないほど。嵐の頂点は凄まじい。


 2005年4月21日

5月6日発売
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番(21〜22,Dec,1940rec)
シューベルト:ロザムンデ序曲(11,Mar,1952 rec)
R.シュトラウス:ドン・ファン(01,May,1951 rec)
ラヴェル:スペイン狂詩曲(03,Mar,1952 rec)

フルトヴェングラー(指揮,ピアノ)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Bach)
トリノ・RAIオーケストラ(Schubert, Ravel)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(R.Strauss)
ヴォルフガング・シュナイダーハン(ヴァイオリン)(Bach)
ヨゼフ・ニーダーマイヤー(フルート)(Bach)

DCCA-0010 \2415(税込み)
ブルックナーの「ロマンティック(DCCA-0001)に続く
フルトヴェングラーの世界初CD化集!
文献でしか「読めなかった」音源が遂に「聞く」ことができます。
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。


 2005年3月23日

レコード芸術4月号の今月のリマスタ盤(P310〜311)にデルタ・クラシックスのフルトヴェングラーというテーマでベートーヴェン:交響曲第4番&第5番フルトヴェングラー/ベルリン・フィル(DCCA-0006)とベートーヴェン:交響曲第4番フルトヴェングラー(カップリング フランク:交響曲DCCA-0002)を中心に特集記事が掲載されました。

記事抜粋:レーベルそれぞれに、それぞれの個性的なサウンドがあることを改めて実感したな。今や大手レコード会社にその個性が希薄になってきている気がするけど、サウンドに出るレーベルの個性、いいじゃないか。復刻盤市場を活気づけているのは、まさしくこの個性じゃないかな。


 2005年3月23日

レコード芸術4月号の再発売月評にベートーヴェン:交響曲第4番&第5番 フルトヴェングラー/ベルリン・フィル(DCCA-0006)が掲載されました。
松沢氏(推薦)評論抜粋:第4は43年の放送録音。フルトヴェングラーらしい非常に凄絶なベートーヴェンだ。(中略)「運命」は同時期のライヴ。こちらも大名演だ。内容的で根源的な響きが一貫して充実度は高い。わけても終楽章の盛り上がりは非常にエキサイティングだ。


 2005年3月4日

3月20発売
ブラームス:交響曲第4番(Dec/12〜15/1943 rec)
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲(Dec/12〜15/1943 rec)
フルトヴェングラー(指揮)/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
DCCA-0008 \2415(税込み)
「究極の手段」で復刻した、アナログ盤復刻第2世代CD弟4弾!
フルトヴェングラーのブラームスが再度輝きを取り戻して復刻されました。
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。


 2005年2月9日

2月21日発売
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」(Mar/20〜22/1944 rec)
ベートーヴェン:レオノーレ序曲弟3番(June/2/1944 rec)(*)
フルトヴェングラー(指揮)/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(*)
DCCA-0007 \2415(税込み)
「究極の手段」で復刻した、アナログ盤復刻第2世代CDの弟3弾!
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。


 2005年1月21日

レコード芸術2月号の再発売月評にベートーヴェン:交響曲第9番、他フルトヴェングラー/ベルリン・フィル(DCCA-0004〜5)が掲載されました。
松沢氏(推薦)評論抜粋:当盤の音質は従来のディスクよりもさらに鮮明でリアルなサウンドだ。LP盤をトーレスする針音も残っているが、鑑賞には全く支障ない。


 2005年1月21日

レコード芸術2月号の新譜月評にブルックナー:交響曲第8番(アダージョ2世界初演)内藤/東京ニューシティ管(DCCA-0003)が掲載されました。
小石氏(準推薦)評論抜粋:演奏は初演ということで慎重に行われた印象を受けるが、指揮者の声もまじえて感興にあふれ曲・演奏ともに立派なものである。むろんクライマックスの強烈な盛り上がりもよい。
宇野氏(準推薦)評論抜粋:最初のffも柔らかすぎる気がした。その腰の弱さが主張の弱さとして感じられてしまうのである。その代わり、オーボエ、ホルン、チューバなどは美しいし、展開部の頂点の迫力の凄さや、とりわけ地獄が口を開くようなコーダは圧倒的だ。

 2005年1月18日

音楽現代2月号の今月の3枚のCD(茂木一衛氏)に推薦として、ブルックナー:交響曲第8番(アダージョ2世界初演)内藤/東京ニューシティ管(DCCA-0003)が掲載されました。
評論抜粋:一音一音に神経の行き届いた表現、また金管は最強奏時でも音が割れることはない、空気に融け込むような音。ここには、日本人の手により、もっとも日本的な特質を生かしたブルックナーがある。

 2005年1月11日

1月26日発売
ベートーヴェン:交響曲第4番(June/27〜30/1943 rec)
ベートーヴェン:交響曲第5番(June/27,30/1943 rec)
フルトヴェングラー(指揮)/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
DCCA-0006 \2415(税込み)
旧ソ連盤の初期LPを「究極の手段」で復刻した、アナログ盤復刻第2世代CDの弟2弾!
お求めは弊社特約店、または弊社ホームページでどうぞ。

 2004年12月29日

レコード芸術2005年1月号(174P)に横原千史氏による内藤彰/東京ニューシティ管のブルックナーの第八交響曲「アダージョ2」徹底分析が掲載されました。

 2004年12月24日

12月8日発売
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱つき」、コリオラン序曲
シューベルト:交響曲第9(7)番
フルトヴェングラー(指揮)/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
DCCA-0004〜5(2枚組み) \4200(税込み)
「究極の手段」を使用したアナログ盤復刻第2世代CDの登場!


 2004年11月20日

11月20日発売
ブルックナー:交響曲第8番(アダージョ楽章世界初演!)
内藤 彰(指揮)/東京ニューシティ管弦楽団
DCCA-0003 \2625(税込み)

弊社の商品は、大手CDショップ等、弊社製品扱い店でご購入できます。
なお、弊社HPからもお求めが出来ます。
The article of our company can be purchased in the main CD stores.
Furthermore, an order can be placed also from our company HP.

Copyright © 2004 DELTA ENTERTAINMENT All Rights Reserved